製品紹介

  • クイックリリースフック - Quick Release Hook -Open or Close
    解放機構を備えたフックにより、安全で、簡単、迅速に係留索を離脱することができる係留装置です。主に、石油やLNGといった危険物を取扱う桟橋やブイなど、緊急時の離桟対応が求められる場所で利用されています。

    設置場所の設計や環境、想定される係留索の本数や負荷荷重に応じて、最適なタイプをご提案いたします。なおオプションで、緊急時にフックを遠隔操作で解放するシステムと組み合わせることもできます。
  • 張力計 - Tension Meter -Open or Close
    クイックリリースフックや係船用ウインチといった係留設備に、専用のロードセルピンを組み込んで係留索の張力を測定する装置です。目視では判断しにくい係留索の張力を数値化して管理することができます。

    弊社のテンションメータは、1983年の初設置以来、石油基地、火力発電所、石油受入用ブイ、調査船などで数多く実績があり、特にLNG基地に関しては国内ほぼ全ての基地でご利用いただいています。

    想定される負荷荷重や、設置する係留設備などに応じて、機器をオーダーメイドで設計・製作いたします。
  • 桟橋係留監視装置 - Berth Monitoring System -Open or Close
    係留索の張力情報をはじめ、風向風速や波高潮流といった気象海象情報、また本船の着桟速度・距離等の離着桟情報といったバースの安全係留に関連する情報を1つの端末(モニタ)上に集約し監視するシステムです。

    様々な情報を集中監視し、異常発生時には警報を発するなどバース管理者をサポートするとともに、中央制御室や本船のシステムへデータ出力して情報を共有化することもできます。

    入力情報の種類、表示画面の構成、操作方法など、接続機器やご要望に応じてシステムをオーダーメイドで設計・製作いたします。なお、係留索の張力値をインターロックに応用したフックの遠隔解放機能をオプションで組合せることもできます。
  • 接岸速度計 - Laser Docking Aid System -Open or Close
    船舶と桟橋の距離や速度を、レーザーセンサーで測定する装置です。水先案内人(パイロット)やバース管理者に本船の接近速度や距離情報を提供して、安全な離着桟を支援します。情報表示に関しては、桟橋上に設置する専用表示器、持ち運び可能なテレメータ装置、本船からも確認可能な大型LED表示器など、さまざまな表示装置を取り揃えています。

    また、センサー部と表示部など各構成部が持ち運び可能な可搬型タイプは、様々なサイズの船舶が入港する岸壁や、緊急時のバックアップ用機器として使用されています。
  • 風向風速計 - Wind Meter -Open or Close
    桟橋や管理建屋などに設置して風向と風速を測定する装置です。

    測定する環境や計測範囲によって様々なタイプから選択が可能で、多雪・寒冷地用や防爆エリア用など特殊環境に対応するタイプもご用意しています。
  • 流向流速計 - Tidal Meter -Open or Close
    桟橋上から海中へ吊り下げて設置し、潮流の向きや速さを測定する装置です。
    主な取扱製品である電磁式定置型は可動部分や摩耗部分がないため、一般的なプロペラ式に比べてメンテナンスが極めて容易です。

    設置される環境に応じて、測定範囲や出力方式などのカスタマイズが可能です。
  • 波高潮位計 - Wave Meter -Open or Close
    桟橋上に設置して、波の高さや周期、有義波や長周期波などを測定する装置です。
    主な取扱製品である空中発射式はマイクロ波で計測するため、一般的な超音波型に比べて気温や湿度の影響を受けず、さらに信号の長距離伝送に優れています。また、非接触型のため、海中設置のタイプに比べて格段にメンテナンスが容易です。

    なお、検出器は防爆対応品のため、防爆エリアでも使用可能です。
  • 船陸間光伝送装置 - Ship and Shore Optical Communication System -Open or Close
    LNG基地とLNG船の間で使用される専用の特殊通信設備です。

    ホットラインや外線などの音声通話や、緊急遮断システム(ESD)情報、係留索荷重情報を、規格化された光信号に変換して、専用光ケーブルを介して基地とLNG船の船陸間で通信します。

    LNG基地・LNG船・FSRU(浮体式LNG設備)など、使用環境や仕様、またご要望に応じてシステムを設計いたします。
  • 無線式荷重監視装置 - Radio Mooring Load Monitor -Open or Close
    桟橋やブイで計測された係留索の張力情報や気象海象情報を無線伝送し、遠隔地で各種情報をモニタするための装置です。持ち運び可能な受信端末により本船やブイ上など、どこでも自由に情報をモニタすることができます。

    入力情報の表示や画面構成などは、仕様やご要望、利用状況に合わせて設計・製作いたします。
  • 操船支援システム  - Berthing Support System -Open or Close
    入出港や離着桟の操船時に、水先人やバース管理者へ操船支援情報を提供して、安全な離着桟を支援するシステムです。本船のAISから自船や他船情報を、また基地の係留監視装置と連接して気象海象情報や接岸速度計情報を統合し、本船周辺情報をリアルタイムに提供します。情報は持ち運び可能な表示端末で確認できるため、確実な情報を迅速に提供することができます。

    入力情報の表示や画面構成などは、仕様やご要望、利用状況に合わせて設計・製作いたします。
  • 落雷対策機器 - Equipment against Lightning -Open or Close
    直撃雷対策として有効な「PDCE落雷抑制型避雷針」を取扱っています。従来の避雷針とは、実際は落雷を誘導するため、サージ電流が設備に悪影響を及ぼし、さらに雷を確実に捕捉できるとは限りません。
    一方、「PDCE避雷針」は、落雷自体を抑制することで人や設備への影響を最小限にすることが可能です。保護したい設備の規模に応じて、設置方法や台数などをご提案いたします。

    また、桟橋設備機器の誘導雷対策として、アレスタなどの避雷器の設計・製作にも対応いたします。
  • マリン・ブレークアウェイ・カップリング - Marine Breakaway Coupling (MBC)  -Open or Close
    石油製品の荷役用マリンホースや、オフショアターミナルの移送ラインに接続し、事故発生時の油流出被害を最小限に抑える装置です。ラインにかかる張力が設定値を超える、または内部に過度のサージ圧力がかかった場合、自動的に分離しながら内部のバルブが閉じることでホースを保護し、油流出による海洋汚染を防止します。弊社取扱いの MBC は世界標準として、これまで1,500台以上が全世界で導入されています。

    利用環境、移送する製品の種類、仕様やご要望に応じて、設計・製作いたします。
  • 可搬型救急コール - Portable Emergency Call System -Open or Close
    作業員が海中転落した際、救急信号を自動発信して周囲に緊急事態を知らせる装置です。
    さらに、熱中症や急病などの緊急事態時には、押ボタンでの信号発信もできます。
    作業員は小型の発信器を携帯し、緊急時には受信機が信号を受け、付属のサイレン・ライトで周囲に知らせます。受信機は屋外作業現場での利用を考え、バッテリー内蔵、防水仕様、堅牢・コンパクトな持ち運びができるシステムです。

    ご利用環境やご要望に応じて、さまざまなカスタマイズが可能です。
  • この他にも、現場の要求に応じて、常に新しい設備・製品の開発を積極的に行っています。 現場でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。
  • 私どもは、これまでの豊富な実績と経験に基づき、安全係留に関する設備・システムを総合的にご提案いたします。また、機器やシステムの設計・製作・納入・設置はもちろんのこと、設置後の点検や保守などアフターサービスも対応いたします。
Copyright © Marix Engineering K.K. All Rights Reserved.